テキストエディタの設定

Ring/Tools/Editors フォルダには、テキストエディタ用の拡張機能を収録しています。

  • Atom

  • Emacs

  • Geany

  • Notepad++

  • SpaceVim

  • Sublime Text 2

  • Visual Studio Code (VSCode)

  • Visual Studio IDE

  • サクラエディタ (サポート対象外)

  • 秀丸エディタ (サポート対象外)

  • Code Browser (サポート対象外)

Atom

フォルダ : ring/tools/editors/atom

このフォルダへ atom-language-ring をコピーします。

"C:\Users\{ユーザ名}\.atom\Packages"
Atom

Emacs エディタ

フォルダ : ring/tools/editors/emacs

インストール手順は ReadMe ファイルを参照してください。

スクリーンショット:

Emacs エディタ

Geany

フォルダ : ring/tools/editors/geany

  • Geany エディタを起動します。

  • “ツール → 設定ファイル → filetypes_extensions.conf” メニューをクリックします。

  • この行 “Ring=*.ring;” を [Extensions] の後ろにクォートを付けずに追加します。

  • Ubuntu では “filetypes.Ring.conf” ファイルを “/home/{ユーザ名}/filetypes.Ring.conf” フォルダへコピーします。

  • F5 キーを押すと実行します。

Geany

Notepad++

フォルダ : ring/tools/editors/notepad_plus_plus

  • Notepad++ を開きます。

  • “言語” メニューを開きます。

  • “言語の定義...” を選択します。

  • “インポート...” をクリックします。

  • Ring.xml を選択します。

  • “インポート成功” のダイアログで “OK” を選択してから “ユーザ定義言語” のダイアログまたはパネルを閉じます。

  • Notepad++ を再起動してください。

Notepad++

SpaceVim

URL: https://github.com/SpaceVim/SpaceVim

スクリーンショット:

SpaceVim

Sublime Text 2

フォルダ : ring/tools/editors/sublime text 2

Sublime_Text_2 フォルダには以下のファイルがあります:

1 - ring.json-tmlanguage

2 - ring.sublime-build

3 - ring.tmlanguage

上記のファイルを下記のパスへコピーします。

"C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming\Sublime Text 2\Packages\User\"

この行が ring.sublime-build ファイルに記載されています。

"cmd": ["C:\\ring\\bin\\ring.exe","$file"],

システムの構成に合わせて ring.exe のパスを変更します。

Sublime Text 2

Visual Studio Code

フォルダ : ring/tools/editors/vscode

インストール手順は ReadMe ファイルを参照してください。

スクリーンショット:

Visual Studio Code

Visual Studio IDE

フォルダ : ring/tools/editors/visualstudio

インストール手順は ReadMe ファイルを参照してください。

Visual Studio IDE

サクラエディタ

URL : https://osdn.net/projects/ring-lang-081/scm/git/editor/tree/sakura-editor/

スクリーンショット:

サクラエディタ

秀丸エディタ

URL : https://osdn.net/projects/ring-lang-081/scm/git/editor/tree/hidemaru-editor/

スクリーンショット:

サクラエディタ

Code Browser

URL : https://osdn.net/projects/ring-lang-081/scm/git/editor/tree/code-browser/

スクリーンショット:

Code Browser (コードブラウザ)