入門 - 第二形式

Hello World

このプログラムは、 Hello World のメッセージを画面表示します (標準出力)。

put "Hello World"

プログラムの実行

プログラムを実行するには、ファイルにコードを保存します。例えば : hello.ring です。 コマンドラインまたはターミナルから、 Ring でプログラムを実行します (事前に ring/bin フォルダのパスを追加してください)。

ring hello.ring

注釈

Ring ノートパッドでもコードの記述と実行ができます (パスの設定は不要です)。

実行可能ファイルの作成

Ring2EXE でアプリケーションの実行可能ファイルを作成します。

ring2exe hello.ring -static

英数大小文字同一視

Ring は英数大小文字同一視です。同じプログラムを違う記法で書くこともできます。

ちなみに

全てのプログラムのソースコードで同じ記法を一つ選択することをお勧めします。

PUT "Hello World"
Put "Hello World"

複数行リテラル

この用例のとおり、複数行リテラルを記述できます。

Put "
        Hello
        Welcome to the Ring programming language
        How are you?

    "

また、変数 nl で改行の挿入、 + 演算子で文字列を連結します。

改行で NL があるように、同じく Tab (タブ) と CR (キャリッジリターン) もあります。

注釈

値 nl は改行を意味しますが、 改行に相当する文字コードはオペレーティングシステムにより異なります。

Put "Hello" + nl + "Welcome to the Ring programming language" +
    nl + "How are you?"

標準入力の取得

Get 命令でユーザからの標準入力を取得します。

Put "What is your name? "
Get cName
Put "Hello " + cName

文末終端子は明示不要

ステートメントを区切るために ‘;’ の記述、または ENTER を押さなくてもいいです。 前述のプログラムは一行で記述できます。

Put "What is your name? " get cName put "Hello " + cName

コメントの記述

一行コメントと複数行コメントを記述できます。

一行コメントは # または // で始まります。

複数行コメントは /* ~ */ です。

/*
        プログラムの名前    : はじめての Ring プログラム
        日付                : 2016.09.09
        作者                : Mahmoud Fayed
*/

Put "What is your name? "       # 画面へメッセージを表示
get cName                       # ユーザからの標準入力を取得
put "Hello " + cName            # こんにちわ!

// Put "Bye!"

注釈

// による一行コメントは一種のコード記法です。