ZeroLib の用法

ZeroLib ライブラリの用法です。

はじめに

ZeroLib は Ring で記述したシンプルなライブラリです。

添字 0 始点のリストと文字列用クラスが使えるライブラリです。

Z() 関数

文法x:

Z(String|List) ---> 新規オブジェクト (ZeroBasedString|ZeroBasedList)

ZeroBasedList クラス

添字 0 始点のリストを実装したシンプルなクラスです。

メソッド:

メソッド

詳細・結果

Init(List)

Add(Value)

リストへ項目を追加します

Insert(nIndex,Value)

nIndex の後に項目を挿入します

Find(Value)

項目を検索します

Delete(nIndex)

リストから項目を削除します

Item(nIndex)

リストから項目を取得します

First()

リストから最初の項目を取得します

Last()

リストから最後の項目を取得します

Set(nIndex,Value)

項目の値を設定します

FindInColumn(nCol,Value)

列にある項目を検索します

Sort()

項目の整列 - 新規項目を返します

Reverse()

項目の反転 - 新規項目を返します

Swap(nIndex1,nIndex2)

項目同士を入れ替えます

用例:

load "zerolib.ring"

? "Using List - Index start from 0"
List = Z( [1,2,3] )
List.Add(4)
List.Add(5)
? List[0]
? List[1]
? List[2]
? List[3]
? List[4]
nIndex = List.find(2)
? "Find(2) = " + nIndex
List.delete(0)
? "After deleting the first item : List[0]"
? "Now List[0] = " + List[0]

実行結果:

Using List - Index start from 0
1
2
3
4
5
Find(2) = 1
After deleting the first item : List[0]
Now List[0] = 2

ZeroBasedString クラス

添字 0 始点の文字列を実装したシンプルなクラスです。

メソッド

詳細・結果

Init(String|Number)

Lower()

新規文字列 - 小文字

Upper()

新規文字列 - 大文字

Left(x)

新規文字列 - 左から x 文字を含む

Right(x)

新規文字列 - 右から x 文字を含む

Lines()

数値 - 行数

Trim()

新規文字列 - 空白の削除

Copy(x)

新規文字列 - 文字列の x 回反復

strcmp(cString)

文字列を cString と比較

tolist()

リスト (文字列行から文字列項目へ)

tofile(cFileName)

文字列をファイルへ出力

mid(nPos1,nPos2)

新規文字列 - nPos1 から nPos2 まで

getfrom(nPos1)

新規文字列 - nPos1 から文字列終端まで

replace(cStr1,cStr2,lCase)

新規文字列 - cStr1 を cStr2 へ置換。 lCase で字種変換 (True=無変換)

split()

List - リスト項目を単語ごとに分割

startswith(substring)

部分文字列で始まる場合は true を返します

endswith(substring)

部分文字列で終わる場合は true を返します

用例:

load "zerolib.ring"

? "Using String - Index start from 0"
String = Z( "Welcome" )
? String[0]
? String[1]
? String[2]
? String[3]
? String[4]
? String[5]
? String[6]

実行結果:

Using String - Index start from 0
W
e
l
c
o
m
e

ソースコード

このフォルダにライブラリのソースコードがあります

URL : https://github.com/ring-lang/ring/tree/master/libraries/zerolib